太陽光発電を始めるうえで必ず知っておく事

太陽光発電のメリット、デメリットを必ず調べてから検討する 太陽光発電の5つのメリットを確認してください。

1 環境面における優位性

太陽光発電は、地球環境に優しいエネルギー源です。 発電することで副産物を一切出しません。また、地球資源も全く消費しません。 これからの電力供給源として無限の可能性を秘めたエネルギー源といえます。

2 コスト面での優位性(経済性)

太陽光発電を導入することで、発電した電力を使用して、電気代が安くなります。 さらに使いきらなかった電力は、電力会社が買い取ってくれてお金を振り込んでくれます。 つまり、節電と売電収入の二通りの経済的なメリットがあるのです。

3 緊急時の優位性(非常用電源機能)

停電しても自家発電したら、電気を使うことができます。 東日本大震災以降太陽光発電を導入する方が増えている要因の一つです。 万が一の自然災害にあっても、電気が通っていれば安心です。

4 電力需要の抑制効果における優位性

計画停電という電力の需給バランスが崩れた時を思い出してください。 電力需要が大きい夏場、計画停電をしないと電気を全体に供給できなくなりました。 一軒の家で貢献できる電力量はごくわずかですが、それでも自家発電した電力を使うことで、 全体的な節電に協力することができるようになります。

5 送電ロスを抑制できるという優位性

電気は、遠く発電所で作られたものが送電線を通って運ばれてきます。 当然、自宅に着くまでにたくさんのロスが生じます。 太陽光発電は、電力の使用場所の真上、屋根上で発電されますので、 最も送電ロスなく使用することが可能となります。     太陽光発電の3つのデメリットもご確認下さい。   1 比較的高額な設置費用

格段に導入費用は安くなりましたが、それでも100万円単位で初期費用がかかります。 当然、その後経済的なメリットを得られるわけなので、単なる消費とは異なりますが、 導入する決断をするのに、どうしても勇気がいる方が多いでしょう。 大丈夫です。今決める必要はありません。 しっかりと情報を得て安心した上で導入するか判断してください。

2 発電量の不安定さ

太陽光発電は、太陽光が当たらないと発電しません。 そのため、雨や曇の日はゼロにはなりませんが、発電量が極端に減ります。 日によって発電量が違うというのは不安に思われることでしょう。 しかし長い目で見ると、日射量というのは、そんなに大きな変化をしていません。 初期費用の回収の目安となる10年単位でものごとを捉えるようにしましょう。

3 発電コストの高さ

1kWの電気を発電するために必要なコストが大きいことがあげられます。 それは初期費用がかかることが原因です。 しかし長い期間ほとんどメンテナンス費用はかからずに発電し続けることを考えると、 逆にそんなに高いわけではないことがわかるでしょう。 すでに太陽光発電は十分に価格が下がり、さらに補助金がもらえます。 コストが高いというのは、すでに今は昔の話になりつつあるのです。   一般的よく耳にするメリット・デメリットになります。 尚、他にもメリットやデメリットはあるとは思いますがそれに適さないお家もありますので一つ の意見として参考にしてください。 このメリット・デメリットをしっかりと話してくれるかどうかが重要なのです。 多くの太陽光発電の業者は太陽光発電の話題性とメリットのみを伝え、まったくデメリットも知らずに導入される お客様も多いのです。 今回、話題に上げさせて頂いている株式会社パワーキャスト は各営業の方がしっかりと説明してくれるので安心して 話を聞いてもいいと思います。